【上級学校訪問】イフに見附中学校の生徒が来ました!

こんにちは😄

イフ事務局の鈴木です。

 

9月19日(水)に上級学校訪問で見附中学校の3年生9名がイフに来てくれました✨

最初にイフの学科説明をしてから、1号館と2号館の校舎を見学してもらいました☆

 

授業の様子もちょっぴり見させてもらいながら、いざ体験授業へ😆

 

今回の体験授業の担当は本間先生です(^ー^)/

体験授業では、実際に車いすに乗ってもらって、その使い方や車いす介助の体験をしてもらいました✨

 

本間先生の説明の中で特に大切だったのは、

車いすに乗る前には「ブレーキがかかっているか」を必ず確認することが重要❗❗

ブレーキがかかっていないと、車いすが動いてしまって乗るときには危険なのです⚡

そして、「フットサポート」(足を乗せる場所です)が上がっていることも大切なのだそうです。

フットサポートを使って乗ろうとすると、バランスを崩してしまったり、

転倒する恐れもあるのでやっぱり危険です⚡

だからちゃんと確認することが大事ですね😆✌

 

 

中学生たちはその説明をしっかりと聞いて、ブレーキ、フットサポートの

確認をしてから車いすに乗ってくれました。

私も乗ってみました😉

 

普段乗ることのない車いすですが、操作の上手な生徒もいて、とてもいい体験授業になりました🌟

高校生になったら、ぜひイフのオープンキャンパスに参加して、また体験してみてくださいね😄